ボウズハゼの飼育方法|餌・水温・寿命・混泳・販売サイト

スポンサーリンク

こちらのページでは「ボウズハゼ」の、

  • 飼育方法
  • 混泳
  • 通信販売

などについてまとめております。
飼育や購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

ボウズハゼとは?

ボウズハゼはスズキ目スズキ科ボウズハゼ属に属する魚です。
寿命は3〜4年前後で、成長すると20cm前後になります。

体色は緑色を帯びた黄褐色で、暗色の横帯模様が斜めに並んでいるのが特徴的です。おとなしい性格のため、同種同士はもちろん、多種との混泳も可能な魚です。

ボウズハゼの通信販売

ボウズハゼサイズ10cm程度の可愛らしいボウズハゼです。

おとなしい性格のため多種との混泳も可能、もちろん単体で飼育しても、可愛らしい姿をずっと見ていられます!

価格(税別)500円
サイズ10cm
産地静岡県産

販売ページへ

ボウズハゼの飼育方法

おすすめの水槽サイズ

ボウズハゼは成長すると20cm前後になるため、単体で飼育する場合は45cm程度の水槽から飼育が可能です。

混泳の場合は、魚の数やサイズに合わせて60cm以上の水槽での飼育がおすすめです。

また、ボウズハゼは活発な魚なので、飛び出し防止のためにフタを設置してあげましょう。

ボウズハゼを水槽へ移す手順

ボウズハゼを水槽へ移す際の手順と、注意点を説明します。

  1. ボウズハゼの入った袋を水槽に浮かべ、水温を合わせる
  2. ボウズハゼの袋の中の水を1/3程度捨て、その分の水槽の水を入れる
  3. 手順2を30分程度おきに合計4回〜5回程度繰り返す
  4. ボウズハゼをゆっくりと水槽に移す
※注意点
夏場など、温度が変化しやすい時期の移し替えの際は、魚の耐えられる温度に注意しながら水槽に移すようにしましょう。

水温について

水温は23℃程度が適温です。
水温が高温になるとボウズハゼが耐えられないため、夏場など水温が高温になりやすい時期は、20℃〜25℃以内を目安に調整しましょう。

混泳について

ボウズハゼはおとなしい性格のため、同種同士はもちろん、多種との混泳も可能な魚です。

餌の与え方について

1日2回、2分〜3分程度で食べ切れる量の餌を与えるようにしましょう。
当ショップではレパシー ソイレントグリーンを与えております。


まとめ

飼育を検討されている方は、ぜひこの機会に飼ってみるのもいかがでしょうか。

スポンサーリンク
ハゼ
アクアリウムメディア

コメント