ギバチの飼育方法|餌・水温・寿命・混泳・販売サイト

スポンサーリンク

こちらのページでは「ギバチ」の、

  • 飼育方法
  • 混泳
  • 通信販売

などについてまとめております。
飼育や購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

ギバチとは?

ギバチはナマズ目ギギ科ギバチ属の魚です。
寿命は3年前後で、成長すると20cm前後になります。

8本の口ひげと成長するにつれ体色が変化するのが特徴的で、

稚魚 :黒

未成魚:金色

成魚 :茶褐色

と変化していきます。

ギバチの通信販売

価格1,000円(税別)
サイズ15cm
産地千葉県産

販売ページへ

ギバチの飼育方法

おすすめの水槽サイズ

ギバチは成長すると20cm前後になるため、単体で飼育する場合は45cm程度の水槽から飼育が可能です。

同種同士でも喧嘩をする可能性があるため、基本的には単体での飼育がおすすめです。

ギバチを水槽へ移す手順

ギバチを水槽へ移す際の手順と、注意点を説明します。

  1. ギバチの入った袋を水槽に浮かべ、水温を合わせる
  2. ギバチの袋の中の水を1/3程度捨て、その分の水槽の水を入れる
  3. 手順2を30分程度おきに合計4回〜5回程度繰り返す
  4. ギバチをゆっくりと水槽に移す
※注意点
夏場など、温度が変化しやすい時期の移し替えの際は、魚の耐えられる温度に注意しながら水槽に移すようにしましょう。

水温について

水温は23℃程度が適温です。
水温が高温になるとギバチが耐えられないため、夏場など水温が高温になりやすい時期は、20℃〜25℃以内を目安に調整しましょう。

混泳について

ギバチは肉食性の魚なので、ギバチよりサイズの小さい魚との混泳は捕食される可能性があるのでおすすめしません。

また、同種同士でも喧嘩をする可能性があるので、基本的には単体での飼育がおすすめです。

餌の与え方について

1日2回、2分〜3分程度で食べ切れる量の餌を与えるようにしましょう。
冷凍アカムシなどを好んで食します。


まとめ

飼育を検討されている方は、ぜひこの機会に飼ってみるのもいかがでしょうか。

スポンサーリンク
飼育方法
アクアリウムメディア

コメント