サクラマスの飼育方法|餌・水温・寿命・混泳・販売サイト【日本産淡水魚】

スポンサーリンク

こちらのページでは「サクラマス」の、

  • 飼育方法
  • 混泳
  • 通信販売

などについてまとめております。
飼育や購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

サクラマスってどんな淡水魚?

サクラマスはサケ目サケ科に属する淡水魚です。
寿命は5年程度で、成長すると最大で80cm前後に成長します。

名前の通り、桜の咲く季節に遡上するのが特徴です。肉食性の淡水魚で、体表には小判型の斑紋が並んでおり、とても美しい見た目をしているため、観賞魚としても人気の高い淡水魚です。

サクラマスの通信販売

サクラマス北海道産のサクラマスです。冷水域に生息する淡水魚のため、水温管理が必要です。

あまり出回らない淡水魚のため、レア度が高いのはもちろんですが、見た目も美しく雄大な姿が人気の高い淡水魚です。

価格(税別)1,000円
サイズ10cm
産地北海道産

販売ページへ

サクラマスの飼育方法

サクラマスの飼育風景、おとひめを食べるサクラマスがとてもキレイ

おすすめの水槽サイズ

サクラマスは成長すると20cm前後まで成長するため、サイズは60cm以上の水槽がおすすめです。同種や多種と混泳させる場合は、サイズや数に合わせて90cm以上の水槽がベストです。

サクラマスを水槽へ移す手順

サクラマスを水槽へ移す際の手順と、注意点を説明します。

  1. サクラマスの入った袋を水槽に浮かべ、水温を合わせる
  2. サクラマスの袋の中の水を1/3程度捨て、その分の水槽の水を入れる
  3. 手順2を30分程度おきに合計4回〜5回程度繰り返す
  4. サクラマスをゆっくりと水槽に移す
※注意点
夏場など、温度が変化しやすい時期の移し替えの際は、魚の耐えられる温度に注意しながら水槽に移すようにしましょう。

水温について

水温は10℃前後が適温です。
冷水域に生息する魚のため高温になりすぎると耐えられないので、夏場など水温が高温になりやすい時期も水温が10℃前後になるように調整しましょう。

混泳について

サクラマスは同種との混泳はもちろん、多種との混泳も可能です。

しかし、縄張り意識が強い魚なので、なるべく大きめの水槽に複数の隠れ家を作ってあげないと、ケンカをする可能性があるので注意しましょう。

また、肉食性の魚なので、サイズが小さすぎる魚と混泳させると食べられてしまう可能性もあるのでこちらも注意しましょう。

餌の与え方について

1日2回、2分〜3分程度で食べ切れる量の餌を与えるようにしましょう。
サクラマスの餌は、冷凍クリル・赤虫を中心に川魚用の人工飼料と併用して与えると栄養バランスがとれます。栄養バランスが偏ると身体が変形する原因になるので注意が必要です。

スポンサーリンク
飼育方法
アクアリウムメディア

コメント