タガメの飼育方法:餌の与え方・水温・寿命・混泳

スポンサーリンク

こちらのページではタガメの、エサや水温、寿命、混泳の可否などの飼育方法を紹介していきます。タガメを飼いたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

タガメってどんな淡水魚?

タガメはカメムシ目コオイムシ科タガメ亜科に属する魚です。
寿命は1年〜2年前後ですが、個体によっては3年ほど長生きする場合もあります。サイズは成長すると5cm〜7cm前後になります。

タガメは肉食性で、メダカやフナなどの淡水魚や、水生昆虫・カエルなどを好んで食べます。鎌状の大きなカギ爪の前足が特徴的で、それらを使い獲物を捕食します。

タガメの飼育方法

おすすめの水槽サイズ

タガメは成長すると5cm前後になるため、単体で飼育する場合は30cm程度の水槽から飼育が可能です。

混泳の場合は、魚の数やサイズに合わせて60cm以上の水槽での飼育がおすすめです。

タガメを水槽へ移す手順

タガメを水槽へ移す際の手順と、注意点を説明します。

  1. タガメの入った袋を水槽に浮かべ、水温を合わせる
  2. タガメの袋の中の水を1/3程度捨て、その分の水槽の水を入れる
  3. 手順2を30分程度おきに合計4回〜5回程度繰り返す
  4. タガメをゆっくりと水槽に移す
※注意点
夏場など、温度が変化しやすい時期の移し替えの際は、魚の耐えられる温度に注意しながら水槽に移すようにしましょう。

水温について

水温は20℃程度が適温です。

また、タガメは高温に弱いため、夏場など水温が高くなりやすい時期は注意が必要です。水温が30度を超えるとタガメが耐えられないので、なるべくその水温に近づかないよう、23度程度を目安に調整しましょう。

混泳について

同種同士での混泳は可能ですが、餌が不足すると共食いしてしまう可能性があります。初めて飼育される方は単体での飼育がおすすめですが、混泳させる場合はなるべく大きな水槽で、餌をしっかり与えてください。

餌の与え方について

1日に1回〜2回を目安に、2分程度で食べ切れる量の餌を与えましょう。メダカ・金魚など小型の淡水魚や、おたまじゃくしが餌として人気です。

まとめ

タガメは個体数が減りつつあるため、大切に飼育して上げましょう。

特徴的な見た目は可愛らしく迫力もあるため、飼育を検討されている方は、ぜひこの機会に飼ってみるのもいかがでしょうか。

スポンサーリンク
飼育方法
アクアリウムメディア

コメント