トンキントゲタナゴの飼育方法|餌・水温・寿命・混泳・販売サイト【日本産淡水魚】

スポンサーリンク

こちらのページではトンキントゲタナゴの、エサや水温、寿命、混泳の可否などの飼育方法を紹介していきます。販売サイトも合わせて紹介いたしますので、トンキントゲタナゴを飼いたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

トンキントゲタナゴってどんな淡水魚?

トンキントゲタナゴは成長すると最大で10cm程度になる、比較的大きめなタナゴ類の淡水魚です。

食性は植物食が強めですが雑食性で、人工飼料にも馴染みやすく、水温や水質の変化にも耐性があるため初心者の方にもおすすめの淡水魚です。

トンキントゲタナゴの飼育方法

おすすめの水槽サイズ

トンキントゲタナゴは成長すると10cm前後になるため、単体で飼育する場合は30cm程度の水槽から飼育が可能です。

混泳の場合は、魚の数やサイズに合わせて60cm以上の水槽での飼育がおすすめです。

トンキントゲタナゴを水槽へ移す手順

トンキントゲタナゴを水槽へ移す際の手順と、注意点を説明します。

  1. トンキントゲタナゴの入った袋を水槽に浮かべ、水温を合わせる
  2. トンキントゲタナゴの袋の中の水を1/3程度捨て、その分の水槽の水を入れる
  3. 手順2を30分程度おきに合計4回〜5回程度繰り返す
  4. トンキントゲタナゴをゆっくりと水槽に移す
※注意点
夏場など、温度が変化しやすい時期の移し替えの際は、魚の耐えられる温度に注意しながら水槽に移すようにしましょう。

水温について

水温は20℃程度が適温です。
水温変化にはやや耐性がありますが、冬場など水温が低温になる時期は、水温が15度以上になるように調整するのをおすすめします。

混泳について

トンキントゲタナゴは大人しい性格の淡水魚のため、同種や多種との混泳が可能です。肉食性の淡水魚との混泳は、トンキントゲタナゴが捕食される可能性があるので避けましょう。

メダカ類や金魚類、ドジョウ類などとの混泳がおすすめです。

餌の与え方について

1日2回、2分〜3分程度で食べ切れる量の餌を与えるようにしましょう。
人工飼料での飼育も可能なので、なるべく人工飼料に慣れさせることをおすすめします。

トンキントゲタナゴの通信販売

トンキントゲタナゴ「レッド」

サイズ8cm
産地ブリード
価格(税別)500円

販売ページへ

トンキントゲタナゴ「イエロー」

サイズ8cm
産地ブリード
価格(税別)500円

販売ページへ

トンキントゲタナゴの繁殖について

トンキントゲタナゴの繁殖には2枚貝が必要ですが、タナゴの中でも産卵管が短いためサイズの小さい2枚貝の用意が必要です。

タナゴの産卵にはカワシンジュガイ(5cm程度)の2枚貝がおすすめです。

まとめ

飼育を検討されている方は、ぜひこの機会に飼ってみるのもいかがでしょうか。

スポンサーリンク
飼育方法
アクアリウムメディア

コメント