ゼニタナゴの飼育方法|餌・水温・寿命・混泳・販売サイト

スポンサーリンク

こちらのページでは「ゼニタナゴ」の、

  • 飼育方法
  • 混泳
  • 通信販売

などについてまとめております。
飼育や購入を検討されている方はぜひチェックしてみてください。

ゼニタナゴとは?

ゼニタナゴはコイ科タナゴ属の魚です。
寿命は3年前後で、成長すると8cm前後になります。

体色は他のタナゴ類に比べると暗い銀色で、ウロコがもっとも細かく金属光沢があります。

ゼニタナゴの通信販売

販売価格は「1ペア」の価格となります。

ゼニタナゴサイズ約5cm、ブリード個体のゼニタナゴのペア販売です。

ゼニタナゴは個体数が減少傾向にあり、流通量が少なく非常にレアなため、なかなか入荷できないので、飼育を検討されている方はぜひお早めにどうぞ!

価格(税別)5,000円
サイズ5cm
産地ブリード

販売ページへ

ゼニタナゴの飼育方法

おすすめの水槽サイズ

ゼニタナゴは成長すると8cm前後になるため、単体で飼育する場合は45cm程度の水槽から飼育が可能です。

混泳の場合は、魚の数やサイズに合わせて60cm以上の水槽での飼育がおすすめです。

ゼニタナゴを水槽へ移す手順

ゼニタナゴを水槽へ移す際の手順と、注意点を説明します。

  1. ゼニタナゴの入った袋を水槽に浮かべ、水温を合わせる
  2. ゼニタナゴの袋の中の水を1/3程度捨て、その分の水槽の水を入れる
  3. 手順2を30分程度おきに合計4回〜5回程度繰り返す
  4. ゼニタナゴをゆっくりと水槽に移す
※注意点
夏場など、温度が変化しやすい時期の移し替えの際は、魚の耐えられる温度に注意しながら水槽に移すようにしましょう。

水温について

水温は23℃程度が適温です。
水温が高温になるとゼニタナゴが耐えられないため、夏場など水温が高温になりやすい時期は、20℃〜25℃以内を目安に調整しましょう。

混泳について

ゼニタナゴと混泳させる場合は、性格のおとなしいフナ類などがおすすめです。また、水槽のお掃除係のドジョウ類なども混泳に向いています。

ゼニタナゴ自体は小型の魚のため、大型で肉食性の魚と混泳させるとゼニタナゴが捕食される可能性があるので、注意しましょう。

餌の与え方について

1日2回、2分〜3分程度で食べ切れる量の餌を与えるようにしましょう。
人工飼料での飼育も可能なので、なるべく人工飼料に慣れさせることをおすすめします。

ゼニタナゴの餌には「ソイレントグリーン」がおすすめです。価格はやや高いですが、保存性が高くゼニタナゴの飼育に必要な栄養素が詰まっているため、より健康的に飼育されたい方や、ゼニタナゴの繁殖を行う方にはぜひおすすめです。


スポンサーリンク
飼育方法
アクアリウムメディア

コメント